2017年
04月18日
火曜日

うなぎ美人になれる、つやつや肌とパワフルボディーをお約束

ビタミンA
動物の発育を促進する。上皮細胞を保護・発育させる。細胞に対する抵抗力を増進する。視力を調節する。

ビタミンB1
消化液の分泌を促進する。食欲を増進させる。神経統の調節を行う。糖質代謝に補酵素として作用する。ご飯などの糖質をエネルギーに変える、ダイエットに不可欠なビタミン。

ビタミン2
発育を促進する。アミノ酸、脂質、炭水化物の代謝に必要。生体酸化の水素伝達作用。口内炎、皮膚炎の暖和などに用いられ美肌効果があると言われている。

ビタミンD
血液中のカルシウムおよびりんの均等を司る。骨や歯のリン酸カルシウムの沈着を促す。

ビタミンE
体内、特に細胞膜の不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、酸化物の生成を抑える。

2017年
04月18日
火曜日

うなぎの裂き方と包丁の種類

ウナギの蒲焼の焼き方が、関東の蒸してから焼く方法に対し、関西では生から焼くのは有名なところ。また、うなぎの裂き方も、関東では背から包丁を入れる「背開き」に対し、大阪では腹を裂く「腹開き」の違いがあります。これの理由は、武士の町の江戸では腹を切るのは切腹に通じて縁起が悪いということから背中から包丁を入れる。対して商人の町大阪では、腹を割って話すことが重んじられることから、腹に包丁を入れる。

とはいえ、捌き方が変わることにより、包丁の形も変わってきます。江戸型のウナギ裂きは刃先が尖った包丁、大阪のは鎌のような刃先が丸い包丁と、地方によって形ががらりと変わります。 江戸型、大阪型のほかにも、名古屋型、京都型など、うなぎ裂き包丁は地方色豊かな形状差をもっています。

2017年
04月18日
火曜日

うなぎの呼吸法

エラが主要で皮膚、鰾(浮袋)、口腔癖壁、腸管、鰭(ヒレ) 等の各部分で行われます。
エラは薄い単層表皮をへだてて、外界の水と接触し、酸素の摂取と炭酸ガスの排出を行います。

また溶剤酸素だけではなく、水中に含まれる気体としての酸素も利用するので、湿気が多い空気中で長時間成長し、呼吸する事も出来ます。
とくに、水温が15度以下に下がると皮膚呼吸だけで生きている事が出来ます。
さらに、呼吸の特徴として、水中で呼吸を一時停止する現象、片エラ呼吸、皮膚呼吸 といったことが出来る事がわかりました。

2017年
04月18日
火曜日

うなぎはどうやって来る(回遊)

4~11月に産卵し孵化(受精後2日以内)した仔魚は数回変態をしながら赤道海流に乗って西へ運ばれ黒潮に乗り換えてシラス ウナギに変態する。産卵の3~7ヶ月後に東アジアに接岸する。シラスウナギに変態した時期で接岸する場所が異なる。(3ヶ月は台湾。5ヶ月は日本・中国。 7ヶ月は韓国。)

12